岩塩ガーリックだれの実力はいかに!すき家の【ニンニクねぎ塩レモン牛丼】の感想

  • 2022年8月20日
  • 2022年9月17日
  • すき家

こんちゃ

弥生パタです。

今回はすき家から今年も出てきた【ねぎ塩レモン牛丼】を頂いてきます。

ねぎ塩系の商品は大手三社どこでも出ていますが、レモンが乗っているのがすき家の特徴ですね!

すき家は前に食べたフライドニンニクが推ししいので今回はそれも付けてます。

チェーン飯ライブラリ-たまに国内旅行記-

  こんちゃ 弥生パタです。 今回は本ブログ初すき家です まぁすき家が嫌いとかじゃなくて家から一番遠いから(といっても徒…

製品情報

すき家の【ニンニクねぎ塩レモン牛丼】

製品名:ニンニクねぎ塩レモン牛丼

値段(税込み):600円

カロリー:811kcal

 

なおニンニク無しだと550円

普通の牛丼は400円なので、ねぎ塩レモンは150円ですね、

ねぎ塩レモン単体で150円で売ってたりもします。

 

では実食した上での感想及び、この商品のコスパも加味した贔屓・付随無しの正直評価を行い、私の偏見と好みで点数つけていきたいと思います。

あくまでも私個人の口コミになりますが、最後までお付き合いくださいませ。

実食&感想

今回は店内で頂いてきました!

すき家の【ニンニクねぎ塩レモン牛丼】

具沢山!

すき家は牛丼御三家の中では一番素の量が多いので並盛りでも非常にボリューミーです。

すき家の【ニンニクねぎ塩レモン牛丼】

では具材を見ていきましょう。

まずはレモン!

すき家の【ニンニクねぎ塩レモン牛丼】

砂糖漬レモンはやや甘く、普通に髪切れるぐらい柔らかいです。

ただ個体差かもしれませんが、レモン特有の酸味はしっかり残ってますね。

 

にんにくはいつものすき家のホクホクフライドニンニク

すき家の【ニンニクねぎ塩レモン牛丼】

すき家に行く理由の4割ぐらい箱のにんにくですね

 

刻みネギはそこまでたっぷりというわけではありませんが、存在感を感じるぐらいにはかかってます。

ポイントはこの岩塩ガーリックだれですね。

すき家の【ニンニクねぎ塩レモン牛丼】

味自体はキリっとした塩味、あんまガーリック感はなかったけどこの塩だれは美味しいです。

ただ↓の牛肉ってか牛丼は、普通のやつなのでしっかり味ついており一緒に食べるとちょっと味が食われちゃいますね。

すき家の【ニンニクねぎ塩レモン牛丼】

タレに関しては結構かかってる量に偏りがありますので、タレがたくさんかかってるとこだけはしっかり塩味感じますけどね!

ご飯はいつもの牛丼のごはん。

すき家の【ニンニクねぎ塩レモン牛丼】

かなり具沢山なので、ペース配分考えないとご飯がすぐなくなっちゃいます。

ボリューム満点で美味しかったです。

ご馳走様でした

総評

評価(味及びコストパフォーマンスを総合評価。及第点は★3)

★1:金返せ。★2:もう食べることはない。★3:及第点 ★4:一度食べたほうがいい

★5:リピートしたい。★6:頻繁に食べたい。★7:毎日でもいいレベル。★8:神

★★★★☆☆☆☆(4)

具沢山でボリュームあるので、スペックの高い商品ですね。

ただ他の松屋や吉野家は塩系専用の豚肉と調理なのに比べ、すき家のはあくまで既存牛丼のトッピングなので、全体の統一感は薄めかなぁ?

牛丼の亜種としてはかなりレベル高いので、そこまで塩!にこだわらなければよい商品ですね

 

吉野家や松屋の豚塩丼もかなりうまいので、塩味のどんぶり好きな方はこっちもどうぞ

関連記事

こんちゃ 弥生パタです。 今回は松屋から【ネギねぎ塩豚焼肉丼】を食べてきました。 ちょっと前にペラペラ肉から厚切り肉へリニューアルされて90円値上げされたのですが、またペラペラ肉に戻るという迷走をしております。 厚切[…]

チェーン飯ライブラリ-たまに国内旅行記-

※2022/08/12追記 今年も復活しましたが特に本記事の時と変更なしで美味しかったです   こんちゃ 弥生パタです。…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた会いましょう!

にほんブログ村 グルメブログへ