サイゼリヤの古参メニュー【若鶏のディアボラ風】は目立たないメニューだけど美味しかった

こんちゃ

弥生パタです。

今回はサイゼリヤの昔からグランドメニュー【若鶏のディアボラ風】を頂いてきたので実食レビューします。

ミラノ風ドリアやタラコソースシシリー風が目立ってますが、この子も結構昔からある肉系定番メニューです。

製品情報

サイゼリヤの【若鶏のディアボラ風】

製品名:若鶏のディアボラ風

値段(税込み):500円

カロリー:730 kcal

 

お値段きっちりワンコイン

カロリー700越えとなかなかへビィなメニュー。

昔はチーズのせバージョンもあったんですがいつのまにか蒸発してました(´;ω;`)

↓古いメニュー

サイゼリヤの古参メニュー【若鶏のディアボラ風】

では実食した上での感想及び、この商品のコスパも加味した贔屓・付随無しの正直評価を行い、私の偏見と好みで点数つけていきたいと思います。

あくまでも私個人の口コミになりますが、最後までお付き合いくださいませ。

実食&感想

見た目

注文して25分後に到着。

これはサラリーマンのランチでは頼みずらいかな?

サイゼリヤの古参メニュー【若鶏のディアボラ風】

写真ではチキンにかかってますが、別添えでお届けです。

つけあわせはコーンとかくぐりポテト。

炭水化物ぱわー。

 

チキンは表面はパリッパリになってます。

サイゼリヤの古参メニュー【若鶏のディアボラ風】

野菜ソースがこちら。

サイゼリヤの古参メニュー【若鶏のディアボラ風】

白色の玉ねぎペーストに緑とオレンジのなんか(たぶんねぎと人参)が混ざってます。

この野菜ソースは滅茶苦茶うまいので、この野菜ソースが乗ってるメニューにははずれがないとまで言われた逸材です。

 

こちらがガルムソース。

サイゼリヤの古参メニュー【若鶏のディアボラ風】

サイゼのガルムソースはワインが進むお味なので個人的には大好き。

しょうゆベースで実はライスにかけても美味いですよ。

実食

では頂きましょう。

外はパリッパリですが、中はしっとりしています。

サイゼリヤの古参メニュー【若鶏のディアボラ風】

まずはそのまま食べてみます。

塩コショウで若干の下味ついてるのかな?って感じですがお肉はかなり柔らかジューシーで美味しいです。

外はパリッ中はふっくらな模範みたいな感じですね。

ではガルムソースと野菜ソースをかけていただきます。

サイゼリヤの古参メニュー【若鶏のディアボラ風】

コツとしては野菜ソースはその都度乗せたほうが良いかな?

一気にかけるとチキンがすぐ冷めちゃうので。。。

 

ジューシーなお肉に玉ねぎたっぷり野菜ソースと醤油味のガルムソースが絶妙にマッチ。

かなりライスが進む味付けでしょうか?

かなり肉厚なので、意外とボリュームあります。

ご馳走様。

総評

評価(味及びコストパフォーマンスを総合評価。及第点は★3)

★1:金返せ。★2:もう食べることはない。★3:及第点 ★4:一度食べたほうがいい

★5:リピートしたい。★6:頻繁に食べたい。★7:毎日でもいいレベル。★8:神

★★★★★☆☆☆(5)

味とコスパだけなら★6に匹敵します。

ただ来るのがマジでめっちゃ遅いので、混んでるときはめっちゃ待たされるという欠点が。。。

それでもクオリティは非常に高く、これが500円なのは価格破壊にもほどがあります。

個人的にはライスもいいけれども、ミラノ風ドリアとセットで頼んで欲張りセットにするのがおススメ。

それでも800円なのでサイゼのコスパは最強すぎる

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた会いましょう!

サイゼリヤの記事一覧へ