サイゼリヤの昔からの定番!【ムール貝のガーリック焼き】を食べてみる

こんちゃ

弥生パタです。

今回はサイゼリヤから【ムール貝のガーリック焼き】を実食レビューしていきます。

ムール貝自体はイタリアンだと割かしメジャーな一品。

サイゼだとエスカルゴのオーブン焼きと双璧を成す魚介系おつまみです。

製品情報

製品名:ムール貝のガーリック焼き

値段(税込み):400円

カロリー:170kcal

 

ムール貝はムラサキイガイとヨーロッパイガイなどのイガイ系の総称で実はムール貝という貝がいるわけではないんです。

ムラサキイガイは実はいろんなとこにいて日本のあちこちで取れますが、食中毒を起こすことがあるので天然物は注意。

ちなみに昔は5つだったのですが、いつの間にか4つに減ってました。世知辛い。

 

では実食した上での感想及び、この商品のコスパも加味した贔屓・付随無しの正直評価を行い、私の偏見と好みで点数つけていきたいと思います。

あくまでも私個人の口コミになりますが、最後までお付き合いくださいませ。

実食&感想

見た目

実物がこちら―

サイゼリヤの【ムール貝のガーリック焼き】

サイゼのムール貝は身がでかい!

野菜ペーストがたっぷり乗ってますね。

サイゼリヤの【ムール貝のガーリック焼き】

いつものガルムソース。

サイゼリアはこの野菜ペーストとガルムソースをいろんな商品で使いまわしているから、やすくできている面がありそう。

 

写真だとわかりにくいですが、メッチャぐつぐつしてます。サイゼリヤの【ムール貝のガーリック焼き】

実食

では頂きましょう。

まずはガルムソースをかけていきます。

サイゼリヤの【ムール貝のガーリック焼き】

配分下手すぎて左の方だけかかりすぎぃ。

野菜ペーストはぶっちゃけ多すぎるぐらいなので、少し食べてもいい感じ。

サイゼリヤの【ムール貝のガーリック焼き】

ややしょっぱめなガルムソースと爽やかな玉ねぎペーストの相性抜群。

これは白ワインが欲しくなりますね。

では本体食べましょう。

サイゼリヤの【ムール貝のガーリック焼き】

貝殻もアッツアッツなので気を付けます。

ちなみに個体によっては貝殻から身をとるのが大変だったり・・・

 

ガルムソースはしょうゆベース?なので意外としょっぱめなのですが、野菜ペーストはシャキシャキかつあんま味がついてないので、ちょうどいい感じですね。

とまぁ野菜ペースト&ガルムソースがかなり主張強いのですが、ムール貝の身もしっかり大きいのでそれに負けてません。

ムール貝、玉ねぎメインの野菜ペースト、ガルムソースがうまく調和している黄金バランス。

 

ご馳走様でした。

総評

評価(味及びコストパフォーマンスを総合評価。及第点は★3)

★1:金返せ。★2:もう食べることはない。★3:及第点 ★4:一度食べたほうがいい

★5:リピートしたい。★6:頻繁に食べたい。★7:毎日でもいいレベル。★8:神

★★★★★☆☆☆(5)

 

これで400円は純粋に高コスパ。

一般的なイタリアンでもムール貝は調理の都合か、原材料の都合か、身がちっこいことが多いので、このサイズはさすが。

まぁあとはサイゼの野菜ペーストは本当に優秀ですね。

これがあるだけで肉料理も野菜料理も、おいしさが引き立ちます。

ただサイゼには魚介系おつまみとしてエスカルゴのオーブン焼き(エスカルゴは実は貝の仲間)という強すぎるライバルがいるのがちょっと相手が悪いかな?って感じ。

まぁ余裕があれば両方頼めばいいんですけどね!

関連記事

こんちゃ 弥生パタです。 今回はサイゼリヤから【エスカルゴのオーブン焼き】の実食レビューです。 エスカルゴとは食用かたつむりのこと。 これだけ聞くとうえぇってなる人多いかもしれませんが、実はかたつむりってあれ虫じゃな[…]

サイゼリヤの【エスカルゴのオーブン焼き】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた会いましょう!

サイゼリヤの記事一覧へ