吉野家で帰って来た【肉だく牛ハヤシライス】を初めて食べてみた

こんちゃ

弥生パタです。

今回は吉野家から【肉だく牛ハヤシライス】を頂いてきました。

これ前にも出てたんですけど、食べそこなったんですよね。

製品情報

吉野家で帰って来た【肉だく牛ハヤシライス】

製品名:肉だく牛ハヤシライス

値段(税込み):679円

カロリー:791kcal

 

ちなみに普通のハヤシライスは569円

 

では実食した上での感想及び、この商品のコスパも加味した贔屓・付随無しの正直評価を行い、私の偏見と好みで点数つけていきたいと思います。

あくまでも私個人の口コミになりますが、最後までお付き合いくださいませ。

実食&感想

見た目

注文して8分ぐらいで到着

吉野家で帰って来た【肉だく牛ハヤシライス】

ビジュアルは普通のハヤシライス

多分ルーにあとから牛丼の肉を入れているのでしょう。

今回はお肉が極端に真ん中によってました。

吉野家で帰って来た【肉だく牛ハヤシライス】

ルーは普通の茶色に白い謎の液体が綺麗にかかってます。

ご飯はいつも通りの吉野家ライス?

吉野家で帰って来た【肉だく牛ハヤシライス】

定食のライスの大盛ぐらいの量だと思う。

実食

では頂きましょう。

吉野家で帰って来た【肉だく牛ハヤシライス】

ハヤシライスはトマトの酸味がやや残る、かなりオーソドックスなお味。

結構粘度が高く、ドロッとしているのが私の好みです。

ご飯との相性もそこそこいいですね。

吉野家で帰って来た【肉だく牛ハヤシライス】

奇をてらったわけではない王道ハヤシライスなので、皆さんのハヤシライスのイメージそのまんまの味かと思います。

お肉はいつもの吉野家のお肉

吉野家で帰って来た【肉だく牛ハヤシライス】

このお肉により結構具沢山な印象を受けるので、なかなかリッチなハヤシライスに感じます。

ご飯そこそこ多いイメージでしたが、ルーとお肉でご飯が進むので、ちょうどいい配分な気がします。

ご馳走様でした。

総評

評価(味及びコストパフォーマンスを総合評価。及第点は★3)

★1:金返せ。★2:もう食べることはない。★3:及第点 ★4:一度食べたほうがいい

★5:リピートしたい。★6:頻繁に食べたい。★7:毎日でもいいレベル。★8:神

★★★★☆☆☆☆(4)

高い水準でまとまった王道ハヤシライスでした。

これは復活を望まれるのもわかりますね。

興味がある方は是非どうぞ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた会いましょう!

吉野家の記事一覧