チェーン飯ライブラリ-たまに国内旅行記-

飲食チェーン店の新商品などの感想をまったりとかいていきます。たまに趣味の国内旅行の感想も。

寝台特急サンライズ出雲で出雲に旅してきたよ! Part4【のどぐろ丼と出雲大社編】

 

こんちゃー
弥生パタです。

 

間空いてしまい申し訳ございません。
出雲旅行記の続きですー。

 

前回までのあらすじ

 

島根ワイナリーでワインを飲みまくってゴキゲンのパタはその後の2時間の田舎道をひぃひぃ言いながら歩き、ついに出雲大社にたどり着いたのであった

 

本編 

 

さてひーこら歩いてきたのでお腹がペコペコです。
あれれーコロッケとソフトクリーム食べたのになぁ。

ってなわけで腹ごしらえなのです!

 

出雲といえばそばにのどぐろにわらび餅?っぽいもの!

 

今回はのどくろにしましたー。

出雲大社前の日本海ってお店に入ります。

どうやら出雲周辺で展開しているお店のよう。

 

お土産屋さんも兼ねているようで店頭と店内にうまそうなものがたくさん並んでいます。

f:id:travelchainmeshi:20210504233300j:plain

店頭お土産

f:id:travelchainmeshi:20210504233333j:plain

店内お土産

 

店頭にはのどぐろの串焼きが売っており、食い歩き需要にも応えていました。

 

のどぐろの串焼きによだれを垂らしながらもその誘惑に鋼のメンタルで勝ち、オーダーしたのはのどぐろ丼とアサリの味噌汁!

実は島根県はアサリの名産地なのです。

 

お値段は確かセットで1200円ぐらい? 忘れてしまいましたがそんぐらい。

のどぐろ自体が高級魚なので、少し高め。

まつこと5分ぐらい。

 

!?

 

f:id:travelchainmeshi:20210504234127j:plain

 

黄金のどんぶりがキタアあああああああああああ

 

ついでにアサリの味噌汁も来た。

 

そしてオープン!

 

f:id:travelchainmeshi:20210504234108j:plain

 

中にはご飯の上に乗ったのどぐろのお刺身と刻みのりとねぎの構成。

のどぐろは白身のトロといわれるぐらいの脂のったお魚なんです。

なお、お値段もトロなので値は張ります。。。

 

お味はと言うとこれが絶品でした。

本当に白身魚のトロバージョンですね。

口の中で白身魚がとろけるという不思議な感覚です。

それが特性のたれとからまって素晴らしいハーモニーを生み出してました。

 

セットのお味噌汁のアサリは島根の宍道湖産のようです。

こちらもおいしゅうございました。

 

さてお腹も膨れたので、大社にお参り――と言いたいところですが、ここで博物館によることにしました。

 

実は出雲大社の横には博物館があるのですよ。

 

その名も

 

島根県立古代出雲歴史博物館!!

 

公式HPこちら

 

f:id:travelchainmeshi:20210505025412j:plain

入り口付近はガラス張りでおしゃれな外観をしております。

 

f:id:travelchainmeshi:20210505025715j:plain

 

兎の石像があちこちにあります。。

なんか目が合った。ジーッ

 

とまぁこんな感じで回りをうろちょろした後に博物館に突撃~

 

コロナ対策で検温と消毒、あとクラスター追う用でしょうか

何時何人で入館したかみたいな紙を記入して箱に投入します。

 

価格は620円でした。あらお安い。

 

展示物は写真撮影OKだったのですが、インターネット上での公開には手続きが必要とのこと。

今回は手続してなかったので、残念ながらここでは写真を載せられません。

ご免なさい。

 

内容としては出雲の歴史や神話を様々な展示物や映像プログラムと紹介しています。

見る価値ありですよー奥さん。

 

展示物以外はOKなので少しだけ紹介します。

 

まずは映像作品を見るホール

コロナ対策しっかりとれています。

20分ぐらいのが30分ごとに放送されます。

出雲にまつわる神話:ヤマタノオロチなどで非常に面白かったです。

f:id:travelchainmeshi:20210505030428j:plain

 

f:id:travelchainmeshi:20210505030741j:plain

 

 

 ちなみに入り口はとってもオシャレ

出雲とはあんま関係ないけど凄くオシャレです。

 

f:id:travelchainmeshi:20210505030625j:plain

 

神秘的な雰囲気ですねぇ。

 

博物館らしくお土産屋さんもあります。

特徴的なのはこのガチャポンコーナー

f:id:travelchainmeshi:20210505030937j:plain

ガチャガチャ

化石とか古銭とかのガチャがあります。

私が行ったときは売り切れだったのですが、皆さん機会があれば記念にいかがでしょうか?

 

他にも写真は撮っていませんが、最上階の3回にカフェもあります。

至れり尽くせりですねぇ。

 

ってな感じで博物館を満喫したら、出雲大社に戻ります。

 

季節的に出雲大社は桜が綺麗に咲いてました。

 

f:id:travelchainmeshi:20210505031522j:plain

入り口入ったところ

f:id:travelchainmeshi:20210505031616j:plain

土手っぽいとこ

f:id:travelchainmeshi:20210505031652j:plain

広場的な所

f:id:travelchainmeshi:20210505031813j:plain

橋から

いかがでしょうか。

出雲大社って結構サクラがさいてるんですねぇ。

 

そしてちょうど散り時だったので桜吹雪が綺麗に舞ってました!

f:id:travelchainmeshi:20210505031841j:plain

カメラでも意外ときれいに取れましたねー。

出雲大社は広く、内にはいろんなものがあるのですが印象深かったのがこちら。

f:id:travelchainmeshi:20210505131620j:plain

球体を見つめる男性

金色の球体を拝む男性の像です。

多分何かの神話の像なのでしょうが。。。

 

 

ってな感じにうろちょろしながら奥に進んだら大社前に到着。

天気が良かったので人が結構いましたねー

 

f:id:travelchainmeshi:20210505132235j:plain

出雲大社

f:id:travelchainmeshi:20210505132252j:plain

特徴的な床の模様

 

私もお祈りしてきましたー。

なにかって?

 

そりゃ出雲大社なので素敵な出会いがあるようにですよー

 

お参り済んだので撤収!

と思ったら左側に何やら怪しげな扉を発見!

 

f:id:travelchainmeshi:20210505133203j:plain

大社向かって左側

潜り抜けると・・・

f:id:travelchainmeshi:20210505133209j:plain

神楽殿

でけぇしめ縄の建物神楽殿がありました。

 

実は出雲大社として写真で紹介されてるのは、本殿ではなくこっちのケースも多いみたいですね。

 

とりあえずここでもお祈りしておきました。

 

ふと、ここで気になる看板が。。。

f:id:travelchainmeshi:20210505133216j:plain

注意書き

まさかの名指しでの注意喚起です。

そういえば博物館にもありましたねー。

まぁ何かあったのでしょう、過去に。

 

神楽殿から神社外に向かう途中で大きなお土産屋さんがありましたー

f:id:travelchainmeshi:20210505135634j:plain

ただ正面からだと見つけにくいので、人どおりは少なめ。

出雲そばを食べれるお店もあります。

f:id:travelchainmeshi:20210505135901j:plain



ちょっとお値段は駅からの通りに比べてお高めでした。

 

これで出雲大社探検はおしまい。

 

あとは電車に乗ってホテルに戻るだけです。

 

次の記事

 

次回「出雲市探検編」につづく。。。

 

 

chainmeshi.com

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


国内ランキング