イチビキから出てる【赤からもつ煮込み】がどのぐらい赤から鍋再現してるか確認してみた。

 

こんちゃ

弥生パタです。

今回は調味料をメインに扱っているメーカーイチビキから出ている赤からもつ煮をレビューしていきます。

赤からは愛知発祥の居酒屋チェーン店でやや甘みのある旨辛味噌鍋――赤から鍋をメインに据えたお店ですね。

私の知り合いが結構好きでコロナ前はよく通ってましたねー。

思えばこの赤からもよく色んなコラボ商品出してますね。肉豆腐やカップ麺等々。

製品情報

製品名:赤からもつ煮込み

値段(税込み):250円(希望小売価格)

カロリー:144kcal

 

定価は250円ですが私は198円でゲット

カロリー的に量はそれほど多くなさそう?

では実食した上での感想及び、この商品のコスパも加味した贔屓・付随無しの正直評価を行い、私の偏見と好みで点数つけていきたいと思います。

最後までお付き合いくださいませ。

実食&感想

実物がこちら

赤からもつ煮込み

パッケージは赤からっぽい赤色

どうやら豚もつの模様

裏側には作り方が書いてあります。

赤からもつ煮込み

電子レンジか湯銭とのことなので湯銭してみました。

ってなわけで温めた物をいつものお皿に乗せたのがこちら。

赤からもつ煮込み

見た目は普通のレトルトもつ煮ですが、色が若干赤目です。

具材はこんにゃくと豚モツとシンプルな構成。

せっかくなんで数を数えます。

赤からもつ煮込み

こんにゃく10

もつが8でした

こんにゃくのほうが多いじゃないかああああああ

では気を取り直してスープを見ていきます。

赤からもつ煮込み

味付けはベースは通常のみそ味がベース?ですね。

あの赤から鍋特有の若干の甘さがありつつも辛味のある独特な味付けもほのかに感じ取れます。

辛みとしてはかなり弱いので誰でも食べれそう。

では具を見ていきます。

赤からもつ煮込み

モツは通常の豚モツ。

ピリ辛の汁とからんで美味しいです。

そしてモツよりたくさん入っていたこんにゃく

赤からもつ煮込み

まぁ普通のこんにゃくですが。

これも赤から風味の汁によって美味しく食べれます。

本製品には写真にのっている

赤からもつ煮込み

薬味ねぎは入っていないので、別にかけてあげるとよりおいしくいただけると思います。

私は↓こんな感じにフリーズドライの薬味ねぎかけてお酒の肴に頂きました。

赤からもつ煮込み

ピリ辛でお酒が進みますね!

ごちそうさまー。

総評

評価(味及びコストパフォーマンスを総合評価。及第点は★3)

★1:金返せ。★2:もう食べることはない。★3:及第点 ★4:一度食べたほうがいい

★5:リピートしたい。★6頻繁に食べたい。★7毎日でもいいレベル。★8神 ★★★★☆☆☆☆(4)

汁はさすがは赤からって感じで美味しかったです。

ただモツ煮なのにモツよりこんにゃく多いのはどうかと(笑)

おつまみに良いかもですねー。

 

にほんブログ村 グルメブログへ