松屋の【にんにくバターのチキンコンボ牛めし】はちゃんと500円以内に抑えた優秀なメニューだった

  • 2021年11月2日
  • 2022年9月8日
  • 松屋

こんちゃ

弥生パタです。

もう11月ですね

11月の割にはあまり寒くないのは気のせいでしょうか?

 

さて今回は松屋から久しぶりにワンコインで買える新商品が出てきたので頂いてきました。

最近高額メニューばっかでしたからねー。

にんにくバターのチキンコンボ牛めし

製品情報

製品名:にんにくバターのチキンコンボ牛めし

値段(税込み):490円

カロリー:815kcal

 

カロリーが値段の割に高くてビビる。

同価格帯のキムカル丼より高いという。

やはりバターなのか!?

 

では実食した上での感想及び、この商品のコスパも加味した贔屓・付随無しの正直評価を行い、私の偏見と好みで点数つけていきたいと思います。

最後までお付き合いくださいませ。

実食&感想

注文して3分ちょいで到着。

にんにくバターのチキンコンボ牛めし

コンボ飯なので片方は牛めしで片方がチキン。

いつもの味噌汁ももちろんついてます。

にんにくバターのチキンコンボ牛めし

松屋の味噌汁は最近味が変わったらしい。

たしかに若干出汁の風味が強くなった気がする。

 

丼の方も見ていきましょう。

先ほども書いたようにコンボ飯なので、片方はいつもの牛めしです。

にんにくバターのチキンコンボ牛めし

そしてもう片方がチキン丼っぽいもの。

にんにくバターのチキンコンボ牛めし

チキンは結構分厚いしっかりしたものです。

丼の半分なのでそれほど量は多くないかな?

チキン自体にニンニク醤油のたれがしっかり絡んでいてこれ単体でおかずになります。

タレ自体はそれほど醤油味が濃いわけではなく、にんにくのうまみが前面に出るタレでした。

鶏肉にはバターが一かけら乗ってます。

にんにくバターのチキンコンボ牛めし

このバターが全然溶けません!

なので何度もごしごしして無理やり溶かしましたw

にんにくバターのチキンコンボ牛めし

溶けたバターとチキンの相性は凶悪なほどですね。

非常にご飯が進みました。

ってかご飯が足らなかった・・・

あっという間に完食しましたが、食べた後意外とお腹いっぱいになっていたのでボリューム的にはしっかりあります。

総評

評価(味及びコストパフォーマンスを総合評価。及第点は★3)

★1:金返せ。★2:もう食べることはない。★3:及第点 ★4:一度食べたほうがいい

★5:リピートしたい。★6頻繁に食べたい。★7毎日でもいいレベル。★8神

★★★★☆☆☆☆(4)

コスパ的には非常にすぐ入れたメニューでは?と感じます。

松屋はめったに500以下の期間限定メニュー出さないですぐ高価格帯で稼ごうとする悪い癖があるので、今回は安くてうまいメニューが出てくれてうれしいです。

こってりバターとニンニク醤油の組み合わせが好きな人は頼んで損はないと思います。

できればチキンだけで出してほしかったー。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた会いましょう!

にほんブログ村 グルメブログへ